1. ホーム>
  2. 地域福祉活動 >
  3. 高齢者福祉事業

地域福祉活動

高齢者福祉事業

ひとりぐらし高齢者の交流事業

ひとりぐらしの高齢者を対象に、孤独の緩和と互いの交流を図るために交流会を開催しています。

内容

バスを利用した郊外交流と施設を利用してのお楽しみ交流会

回数

年2回

 

生活支援ホームヘルプ事業

介護保険の要介護認定に該当しない方で、身体又は精神の障がい等により日常生活を営むのに支障のある方に訪問介護員を派遣し、家事の援助及び相談を行います。

回数

週2回

 

ふれあいサービス(住民参加型在宅福祉サービス)事業

暮らしの中でのちょっとした困りごとのある人(利用会員)とちょっとしたことをお手伝いできる人(協力会員)が会員となり、助け合う活動を通じて、お互いさまの気持ちで支え合う地域づくりを目指します。

サービスのしくみ

サービスのしくみ イメージ図

利用会員

町内在住の下記の世帯
●65歳以上のみの世帯 ●要支援・要介護者のみの世帯 ●障がい者のみの世帯

協力会員

協力会員として登録していただく町内在住の方

内容

実施範囲は町内とし簡易な作業で1時間以内で終了するもの
●住居等の掃除及び整理整頓 ●買物の付き添い、代行 ●話し相手 ●身の回りの世話
●散歩、施設等への付き添い ●庭の手入れ ●家具、家電の移動など
※依頼内容によっては対応できない作業がございますのでご了承ください。

利用負担

1回当たり500円とし、「ふれあいサービス券」を事前に野木町社会福祉協議会(ホープ館内)で購入していただきます。
※材料費・部品等の必要な経費については利用者負担になります。

外出支援サービス事業

一般の公共交通機関を利用することが困難な在宅高齢者の方で車いすを常時使用の方に、リフト付車両により居宅と社会福祉施設又は医療機関の間の送迎を行います。

内容

運行範囲は、町内ですが必要と認めた際は、近隣市町に限り運行できます。移送用車両は、原則として利用者の家族等が行いますが、手配できない場合は運転を委託することができます。

配食サービス事業

65歳以上のひとり暮らしの高齢者または高齢者のみの世帯であって、心身の障がい・疾病等により調理が困難な方に昼食をお届けするとともに利用する方の安否確認を行います。

内容

昼食のお弁当の配付と安否確認

回数

月4回(金曜日)